自分の子供に合った家庭教師を見つけてあげましょう!

TEACHER DREAM

家庭教師の会社の選び方

サポートの体制

家庭教師の派遣会社が家庭教師にしっかりと授業などのサポートをしていないのでしたら、いちいち家庭教師の会社に依頼する意味が全くありません。
しかし、サポートと言うのは、私たちからではきちんとされているのかなんてわかりません。
よく、チラシやパンフレットにはサポート体制はばっちりですなんて書いてありますが、本当にバッチリな所ばかりではありません。

体験授業をよく勧めてくる所は危険

最近よく問題になってきているのが、体験授業をよく勧める会社です。
これは、電話などで、営業をして、体験授業をやってみて、気に入って貰えれば入会して下さいと言うものです。また、急に営業の人が家に来て、体験授業の話をしてきます。
このような会社はまず、営業に力を入れています。つまり、会社には、営業の電話をする人と、外で営業をする人ばかりがいるのです。
ここで1つ矛盾が生まれてきます。このような会社でもサポート体制は万全だと言っています。しかし、ほとんどが営業の人もしくは、営業もして、家庭教師もする人たちだらけです。これではだれがサポートをするのでしょうか。

普通の家庭教師と言うのは、実際に授業を受ける子供に合って、この子の性格や、学校の授業の内容、教科書などを見て、その子の問題点や、課題などを明確にしてから授業内容などを決定していきます。しかし、この会社は、電話だけで話を聞いて、すぐに家庭教師を派遣するので、サポートしようにも情報がないのです。これではますますサポートなんて期待できません。

この会社の中には、自分たちの所には、家庭教師はいなくて、他に登録されている家庭教師のリストから適当に選んで紹介するだけの「紹介屋」としている所もあります。

担当する人が学生ではダメです

だったら、電話だけでなく、実際に家に来てきちんと話をすればいいのかと思う人もいるかもしれませんが、それだけでもだめなのです。家に来た人が学生だと意味がないのです。
ただのアルバイトの学生がやってきても、ちゃんとした話はできません。
このような会社は、この面談だけのアルバイトを募集をして、営業をさせているのです。
アルバイトの人を面談として営業に行かせれば、ちゃんとした、正社員の人を営業に行かすよりも、出費が少なくてすみます。

ちなみにですが、このようなアルバイトは、1人入会させれたら、数万円貰えるそうで、学生にしてみれば結構楽なバイトです。
きちんとした、教育観を持っていて、受験に詳しい正社員の人が説明に来るような所を選ぶようにしましょう。

このような会社は、体験授業の所と同じような物です。面談にくる人も学生のアルバイトですので、この人にたいした責任はありません。しかし、歩合給なので、必ず成績を上げますなどの良い事ばかりをどんどん言ってきて、契約を取るのです。もちろん、契約を取った後は、この学生と会う事はありません。この学生はただの雇われ営業マンなので、別の人が家庭教師としてきます。入会する前からいい加減ですので、実際に家庭教師が来ても変わらないでしょう。ですので、当然ながらサポートは期待できません。授業も派遣された家庭教師任せになっています。

Favorite


犬の服を探す



社食サービスランキングを掲載してます


Last update:2019/6/4

 

▲ページトップ

 

Copyright 2014 TEACHER DREAM.All rights reserved