自分の子供に合った家庭教師を見つけてあげましょう!

TEACHER DREAM

家庭教師の会社の選び方

分担作業をする所もダメ

正社員の人が家に来て、説明などをする所でも、作業を分担でする所はダメです。どういう事かと言いますと、家で「説明をする人」「家庭教師を捜す人」「家庭教師をする人」「生徒の相談などに乗る人」などと役割が別れています。この場合は、だれが責任を持っているのかがわかりませんし、全部の担当の人が実際に生徒に会うわけではないので、書類などでしか、生徒の事を知る事ができません。
始めに説明などを受けた人がずっと担当なのかをきちんと確認しておきましょう。

担当をしてくれる人の経験や情報量

派遣されてくる家庭教師は、生徒を指導する事に関してあまり経験がない人もいます。
ですので、このような家庭教師をきちんとサポートする担当の人が必要となってきます。家庭教師の指導のやり方と言うのは、おおまかには、一定のパターンがあります。このパターンをよく知っていて、それを正確に家庭教師に伝える事が出来るのか、生徒に合うような情報を持っているのかを見極めてこのような担当者がいる所を選ぶようにしましょう。

レポートを毎日だしているか

ほとんどの家庭教師派遣会社では、派遣される家庭教師にレポートの提出を義務づけています。
これは、その日の、授業の流れや、生徒の今のレベルなど、担当の人が生徒を分析する為に使用します。
しかし、このレポートを月1回しか提出しない所などは、レポートをほとんど活用していません。提出されるレポートも内容のない物になっているのです。
このような場合は、担当の人は、生徒の事を何も把握していないので、的確なアドバイスを家庭教師にすることができません。つまり、なんのサポートにもなっていないのです。
このような会社に高い授業料を払うのはもったいなにです。
できれば、少なくても2回の授業に1回はレポートを提出している会社を選ばないと意味がないのです。

受験に関しての情報が提供されない会社はダメ

会社側が、派遣する家庭教師に対して、生徒が志望している学校の情報を提供するのかどうかも大切なポイントとなります。
受験を受けて、合格する為には、作戦を立てる必要があります。その作戦がより具体的になる為には、情報が必要不可欠です。ですので、正確な情報を持っていて、的確に家庭教師に受験情報を伝えられるような派遣会社を選ぶようにしましょう。また、受験対策として模擬試験などを受けさせてくれる派遣会社を選ぶのも重要です。

いつもの勉強の管理

家庭教師に勉強を習うのは、多くても週に数時間ぐらいしかありません。家庭教師がいない時間の方が多いです。ですので、そのような家庭教師がいない時間をどうさせるのかも重要となってきます。
この、家庭教師がいない時間の勉強なども管理してくれるような所も選びましょう。

まとめてみます

とりあえず電話をする

まずは、電話をしてみる事がいいと思います。そして担当の人と実際に話をして、この担当の人との会話のなかで、教育観や具体的な話が出てくるのかを探ってみるといいでしょう。

担当の人に訪問してもらう

電話をして、この人なら大丈夫かも・・と思えたら、実際に家に来てもらいましょう。
あくまでも、大丈夫だと確信できてから、家には呼ぶようにしましょう。相手の心理としては、早く契約を結びたいと思っています。ですので、電話では自宅で説明しますと行ってくるかも知れません。しかし、家に来てからの説明では、断りにくくなってしまいますので、必ず自分が大丈夫だと確信できてから呼ぶようにしましょう。

recommend


横浜 永代供養 口コミ



おすすめの訪問看護ソフトを紹介してます


最終更新日:2019/6/4

 

▲ページトップ

 

Copyright 2014 TEACHER DREAM.All rights reserved